2007年04月22日

「雪のデザイン賞」応募受付中

「雪のデザイン賞」というコンペティションが応募受付中です。

雪のデザイン賞

雪は自然の中の美として、昔から言われてきました。AaEでも、そのうち「雪と芸術」をテーマにして語る必要があるかもしれませんね。
posted by AaE事務局 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

東京オペラシティアートギャラリー「土から生まれるもの|コレクションがむすぶ生命と大地」

東京オペラシティアートギャラリーで今、AaE的に非常に熱い作品展を開催しております。「土から生まれるもの|コレクションがむすぶ生命と大地」というテーマからも分かるようにもの派を始めとした自然をモチーフとした作品のオンパレードです。



会期は3月25日まで。僕もなんとか一回は行こうと思います、…というか見学会を実施しませんか?誰か、3月中に行きませんかー??行かれる方はメールください。他数人を誘って、楽しい見学会を作りましょう〜。
posted by AaE事務局 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

「20世紀美術探検―アーティストたちの三つの冒険物語―」@国立新美術館

国立新美術館の「20世紀美術探検―アーティストたちの三つの冒険物語―」には「もの派」の代表的な作品が結構展示してあります。

李禹煥や関根伸夫の作品を見ることのできる、数少ないチャンスです!!
さらに、ロバートスミッソン等のランドアーティストの作品も見ることができます。
他にも様々な現代アーティストも見ることができます。

とにかく収蔵集が非常に多いので、圧倒されます。国立新美術館は黒川紀章による建築物です。周辺(青山公園など)に溶け込むデザインで作られており、また、省エネや省資源対策もされた機能を有しているので、AaEが取り上げるには適しているコンテンツと言えます。資料となりそうな本を載せておきます。


国立新美術館、一度行ってみることをお進めします。
posted by AaE事務局 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

mixiのトピックより。

mixiで面白いトピックがあがってます。
「エコアートとは?」って記事です。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=14937759&comment_count=5&comm_id=214624

議論に参加するのも面白いかも。
posted by AaE事務局 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

表現から表現へー関根伸夫・瀧本光國展

田島です。

お久しぶりです。
今日は個展のお知らせ。

ヨコハマポートサイドギャラリーという場所で、モノ派の第一人者である関根伸夫の作品展が行われます。今月の28日までです。

詳細はこちら
http://www.ycs-ap.com/exhibition_info/exhibition_info.html


僕は5日から8日までの間で行こうと思っております。
posted by AaE事務局 at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

KEIO環境学生会議2006

KEIO環境学生会議が12月2日13:00〜15:00に日吉キャンパスで行われるそうです!!

リンクはこちらです。

http://ecogis.sfc.keio.ac.jp/eco_student/


以下、環境学生会議とはです(サイトからの引用です)
環境問題を主な研究テーマとして扱う研究会が、慶應義塾大学内の経済学部、商学部、環境情報学部、総合政策学部、理工学部から集まり、各研究室がホストになり運営する定期イベント及び三田祭・中国植林プロジェクトなどに参加する特別イベントを行っていくインゼミです。今期で9期目を迎えます。


こちらは環境学生会議という組織が設立された背景です(こちらも引用)
例えば1つの環境問題を考えるとき、そこには経済学・工学・生態学などさまざまなアプローチがあり、 そして、そのどれもが必要不可欠なものであるといえます。 環境問題は1つの分野では解決することは出来ず、様々な視点から取り組んでいかなければなりません。我々は相互に異なった研究領域を提示し、多角的な視点から環境問題を捉えていくことで、総合的な問題解決を目指します。
posted by AaE事務局 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

クリスト&ジャンヌ=クロード講演会

ランドアーティストとして著名なクリスト&ジャンヌ=クロードが慶應に来ます!!

http://www.kyoto-art.ac.jp/company/uryutushin/37/08_09.pdf


<アンブレラ、日本ーアメリカ合衆国 1984-1991>なんかはとても有名な作品(というかプロジェクト)です。ちなみに、これを見たメンバーもいるそうです。興味がある方は是非!!


以下、イベントの引用続きを読む
posted by AaE事務局 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

「エコ・ジャパン・カップ2006 エコ・アート大賞」募集のお知らせ

「エコ・ジャパン・カップ 2006 エコ・アート大賞」という環境を問題としたアートコンペティションが行われている様です。

この公募は「アートで世界を変えていこう。」をコンセプトに応募を受け付けております。

この「エコアート展」は8月1日から10月21日まで募集している様です。賞金が最大5万円まで授与さたり、作品展示の場をもらえるようです。何か作品をお持ちの方は是非募集してはいかがでしょうか?

URLは以下の通りです。

http://www.eco-japan-cup.com/art.html
posted by AaE事務局 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

IEAD(環境芸術学会)について

今回は自然とアートの学会の紹介です。


「環境芸術学会(通称:IEAD)」と呼ばれる、学会が日本にはあります。
http://www.iead.org/

その概要文を引用致します。

現代社会は、戦後半世紀をかけて構築してきた諸制度が多くの矛盾した問題に直面しており、緊急な再検討を迫られています。環境芸術学会は、「環境芸術」の社会的役割と実践的行為を対象とした創作活動と理論研究を行ない、「環境」という概念を新しい視点から再定義することによって、芸術・デザインが現在置かれている立場の展望を明確に行うことを意図しています。
 環境芸術学会は、宇宙環境から身体環境へ拡がる幅広い領域における創造活動を対象として、緊密な会員相互のコミュニケーションを作り上げるとともに、観賞者や市民の側との相互評価によって新しい社会の構築を図りたいと考えています。同時に、若い創造者の育成と新しいリーダーの社会的活動の場の形成を目指しています。
続きを読む
posted by AaE事務局 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。